小学校入学への準備

受験するにあたり、準備期間が約1〜2年と短いのです。

一般的な中学や高校から私立に行く場合、

2〜3年の準備期間が必要とされています。

中学受験に比べ準備期間が短い事で、

精神的にも経済的にも負担が少ないと考える家庭も多くあります。

試験内容

小学校入試ではペーパー試験の他に行動観察や生活力を問われます。

ペーパー試験がない学校もあります。

日常生活で身につけたことや、想像力を問うなど家族と一緒に過ごしながら

身に付くことも多くあり、たくさんの経験を積み重ねることが必要となります。

小学校受験には、座学だけでは測れない能力も大事ということです。

 



高い進学実績

多くの学校では中学・高校まで中には大学までの系列校を持っていて、

一貫教育を行っています。

内部進学ができるシステムもありますが、外部の中学校を受験する場合にも

十分対応できるカリキュラムが組まれています。

レベルの高い講習も開講され中学進学へのサポートも手厚いのです。



時代に合った教育

情報化の時代に合わせ電子黒板、タブレット端末などを使った授業が増えています。

プログラミングの授業を導入している学校では、

子供がロボットを作ったりしているのです。

またグローバルな時代に欠かせない英語教育では、

ネイティブの先生と日本人の先生と2人体制で行う学校も多く、

注目が集まっています。

1年生からほとんどの学校で英語の授業が始まり、

英検取得に力を入れている学校や、

海外研修プログラムが合ったり、修学旅行で海外に行ったりと、

国際感覚を身につける教育も行われています。

またキャンプへ行き火起こしをしたり、農家へ行って田植えの手伝いをしたり、

音楽鑑賞会としてオペラの鑑賞など、様々な経験をすることができます。

勉強以外での活動や日常生活では経験できない事を、学校でやってくれるのです。



まとめ

小学6年間をどう過ごすのか。

学びや人格の土台をつくる大事な時期により良い環境がどれだけ大事か。

本人の意志がまだはっきりしない時期に選択する学校。

その時の最善を尽くせるようお子さんとしっかり向き合って

どんな学校がその子に合うのかを考えられたら、

子供はきっと楽しく実りある小学校生活になるのではないでしょうか。