自分の行きたい学校へ

一昔前は学区の制限があったり、国立や私立小学校の知名度も低く

そして何より子供や教育にお金をかける時代ではなかった為

小学校は近所の学校に行くのが当たり前でした。

しかし今は、幼稚園就学前から幼児教育を取り入れ、

教育にお金をかける時代となりました。

晩婚化に伴い、一人っ子も増えたことが背景にあるでしょう。

社会全体がこのようになったお陰で、

公立でも学区を跨いで学校を選ぶことができるようになりました。

より良い環境を求めて

小学校を選ぶにあたり、私立を選択肢に入れるということ。

それはどの家庭もより良い環境を

という思いがあるからではないでしょうか。

学校により幅がありますが、年間65万から100万以上の学費かかりますが、

それでも私立を希望する家庭が増えています。



成長と興味

聞く力や感じる力は年齢が小さい頃に育つ力です。

大きくなるにつれ減少していく力は私立小学校が特に力を入れる分野でもあります。

代表として英語教育やプログラミングには1年生から授業を実施している

学校も多くあります。

低学年でしっかり基礎を固め、

中学年になると思考力や表現力に力を入れるようになり、

高学年ではそれまでに培ったことを応用できるようになります。

どの学年でも実体験を重ねる事に重点を置き、

人間性を育む教育を大切にしているようです。



まとめ

どの私立小学校も体験学習に力を入れていて、

本物に触れる、コニュニケーション能力を育む、五感を大切にする、

など実体験を重ねる事に重点を置いていました。

費用はかかりますが、親の代わりにできないとを学校が提供してくれる

私立小学校にはそんな魅力があります。

私立や国立の小学校に入るために準備をしているご家庭や、

来年や再来年に入学を検討しているというご家庭は、

座学の準備だけでなく、実技や運動や経験もとても大切な力となります。

経験値を高めて受験に挑みましょう!

そしてこれから準備をするご家庭は、焦らなくて大丈夫。

しっかり考え抜いて、そこから短期集中で合格を掴み取ったお子さんもたくさんいます。

お子さんにとってベストな選択となるよう、親御さんはしっかりサポートしていきましょう!



Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education/資料請求はこちら