時代に合わせて

教育や学習内容にも流行りがあります。

ひと昔前は、とにかく記憶が中心の学習でしたが、

今はパソコンやインターネットの発達に伴い、

プログラミングも必要になってきています。

また、子供にお金や経済の勉強をさせる親も増えてきました。



変わり続ける時代

これから益々、時代の流れが早くなっていきます。

子供がどんな風に生きて行くかによっても

必要となる能力は変わってくるのではないでしょうか。

どんな社会でも、どんな環境であれ子供自身が

学ぶ力、学び方

を知っていれば、新しいことを学ぶ必要に迫られた時、

自力でできるのです。

学び方を教える

今まで知らなかったことを知ることで達成感や満足感を得る

これこそが学ぶ楽しさではないでしょうか。

学ぶ楽しさを積み重ね、実感させることがとても大切です。



少しの努力

少し努力すると満足感を得られる。

すると新しい世界が見えてきて

もっとやりたくなる。

繰り返すことで大きな目標を達成することができるのです。



子供のペースで

大人はつい指示命令をしたり、答えを教えてしまいますが、

子供の学びをうまくサポートしましょう。

子供が自主的に考え行動できるようになることが、

達成感を高め学ぶ力を育みます。



まとめ

子供は誰しも、成長したい、学びたい好奇心一杯です。

親の指示命令や、答えを教えてしまうのでは

子供の成長は止まったままです。

成長したい気持ちをそのまま受け止めてあげれば、

子供の学ぶ力は育っていきますね。