子供の情緒に合わせて

子供の情緒は明るく元気の良いときと、

暗く落ち込む時が交互に変化しています。

これはどの子供にもある作用です。

情緒が落ち着いている時とは、

昼寝や夜寝る前です。



子供も逃げない

絵本の読み聞かせは、この情緒が元気から

落ち込みに入るタイミングを見計らってやりましょう。

子供の情緒が落ち着いている時に絵本を

読むと子供も嫌がらずに聞いてくれます。

もちろん子供が、この本読んでと持ってきた時は

後でと言わずに読んであげましょう。

就寝前ももし嫌がったら無理に読むのはやめましょう。

本が嫌いになってしまう可能性があります。



発達に応じて

読み聞かせる本も徐々にストーリー性のある本へ

移行しましょう。

桃太郎、一寸法師、鶴の恩返し、浦島太郎、花咲か爺さん

などの昔話は日本の文化や風習を学べます

またアリとキリギリス、うさぎとかめなどのイソップ物語、

赤ずきん、白雪姫などのグリム童話、

裸の王様、マッチ売りの少女などのアンデルセン童話、

これらは異文化に対する理解と知識を育ててくれます。



まとめ

言語力はもちろん、全ての学習の基本となるので

本はたくさん読みましょう。

また、字が読めなくても絵をみて自分で物語を作って

読むことも想像力を豊かにします。

子供が絵本を持ち出したら、聞く耳を持って接しましょう。











【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>