言語の聞き分けしてる?

子供は英語を聞いても最初は意味もわからないだろう

ゆっくり簡単な英語を聞かせよう

こんな風に思っている大人はいませんか。

実は子供は英語と日本語の区別はできません。

これは日本語、これは英語、

と区別ができるのは6歳頃から。

それまでは言語を聞き分けるのではなく聞こえてくるものを音として認識して、

記憶して口にしているだけなのです。

聞こえた物をそのまま自分の声に出す。これを繰り返すことで自分のモノにしていきます。

フレーズ単語のインプット

「犬は英語でDogって言うよ。」

「こんな時はこう言うよ」

と教えられても子供はわかりません。

英語のできない大人が自分がいつも頭で翻訳するように

教えようとしたら、意味の変換作業がややこしくなり、

英語が難しいと感じてしまうのです。

聞いた英語は日本語に翻訳せず、そのままインプットしましょう。

単語だけでなく、文章も同様です。

語彙力として単語をたくさん覚えることはとても大事なことですが、

センテンスで覚えてしまう方が、単語を組み合わせて覚えるよりも

効率が良いし、コニュニケーション力がつきます。

正しい文法なんて全く考えず、何となくフレーズごとに

口に出しているだけのはずです。

こんな時はこう言うんだろうな

この間こんな風に言っていたな

と言う程度の認識でフレーズを丸ごと発言しているだけなのです。

 

第二言語習得のポイント

日本語と英語、2つの言語を日常で使っていると、子供は先に英語が身に付くようです。

そのくらい日本語は難しいのです。

家庭の教育方針にもよりますが、どちらかに比重を置いて言語習得をしていくと

スムーズにいきます。

同時だと1フレーズの中に日本語と英語混じりになってしまいます。

※例※

「Apple 食べたい〜!」

「Two ちょうだい」

という風になってしまい、結果どちらの言語も中途半端になってしまい

日本語も英語も習得に時間がかかってしまいます。

英語を率先してアウトプットしたり、学習する姿勢はとても素晴らしことです。

しかし、どんな言語を習得するにも母国語がベースとなります。

土台がしっかりしていないと、第二言語も習得が難しくなります。

どの言語を第一言語とするかは、ご家庭でそれぞれです。

第二言語もしっかり習得して欲しい思いがあるなら、

まずは第一言語からしっかり身につけていきましょう!

 

習得時期はそれぞれ

早い方だと赤ちゃんの頃から英語の音楽を聴かせていた。

なんて方もいると思います。

私もバックミュージックはいつも、マザーグースを流していました。

まだ発語もしていないあかちゃんに早いのでは?」

「それに第一言語を習得してらから、第二言語を勉強するのでは遅くない?」

と疑問を持たれる方もいると思います。

大丈夫です。

子供はアウトプットしなくても耳が育っています。

聞こえた音は何度も聞いている内に何を言っているかわかるし、

聞いたことのある音は忘れません。

その時は話せなくても、後になって聞いて「聞いたことある!」

としっかり覚えています。

 

家庭や環境に合わせた取り入れ方

“第二言語=英語”

と考えるご家庭が多いと思います。

お子さんを育てる環境によっても使う言語は異なりますが、

どんな環境においても言葉は生活をしていく上で必要です。

幼稚園や保育園へ就学しているなら、そこでの生活が滞らないよう

言語を身につけなければなりません。

もっと言えば、家庭の教育方針に合った園に通学すべきです。

第二言語を習うタイミングとても悩むか方が多いですが、

英語に親しむ、英語を身近に感じる

を目的としているならお子さんがやりたいタイミングで取り入れると良いですね。

 

おすすめ教材

子供は単語だろうが、フレーズだろうが文法なんて意識せず、

聞いた音をそのまま記憶します。

覚えた音をそのまま口から出しているだけなのです。

この方法を用いて、7+BILINGUALでは英語をフレーズで

覚えそのまま使える工夫がなされています。

多くの子供が自然と英語を理解できるようになっているのです。


【快挙!】なんと日本文芸アカデミー賞受賞の英語学習法!
【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>