なぜ早起きが大事?

人は光を浴びると心身の状態が良くなるようにつくられています。

逆に夜更かしは脳にとって良くないことです。

睡眠時間と成長ホルモンには密接な関係があるので、

質の良い睡眠を心がけましょう。



また、食べること・排泄・体を動かすこと

も人という生き物にとって大切なことです。

眠りの質

大人でも長時間寝ないとダメな人短時間でも平気な人

人それぞれです。




子供も同じように、昼間の出来事に刺激を受けて眠れないこともあるでしょう。

外出した日はすぐに寝てしまったり、

お昼寝をした日は寝付くのが遅いこともあるでしょう。

何時に寝る、睡眠は何時間と決め事にするのではなく

寝る事は体にいい事気持ちのいい事と意識つけ、

1日のリズムをつくってあげると良いですね。



しっかり遊ぶ

公園や児童館でしっかり体を動かしましょう。

しっかり体を使うとおのずと夜には眠くなります。

時には体を休ませる為には、テレビを見る時間も必要ですが、

一日中見ているのは体によくありません



眠くなる環境

寝室は暗くする寝る前には興奮させない寝る直前の入浴は避ける

など基本的な事ですが、

子供に与える影響は大きいので気をつけたいですね。

また子供が寝る時には、親も寝るようにしましょう

親が寝る気配を見せないと子供も寝たくないですよね。



まとめ

寝る時間が早くなると必然と起きる時間も早くなります

早寝早起きが自然とできますね。

早起きのリズムができると、1日が有意義になります

就学しているとリズムが出来上がっていますが、

未就学児の場合リズムをつくるのに苦戦すると思います。

昼寝を早めに切り上げたり朝起きる時間を決めたり

その子に合った方法で早起きをしましょう。









https://www.onemile.jp/?argument=UHNOVZU9&dmai=a5fc4ace6458f1