出したおもちゃは誰が片付ける?

子供が出したおもちゃ。

大人は散らかっているな、とつい気になってしまいます。

子供が小さいと親が片付けることも多いと思いますが、

いつ頃から一人で片付けられるようになるのか

誰もが考えたことがあるのではないでしょうか。



片付けより遊びが大切

親が「片ずけなさい」「次の出す前にしまって」

とよく口にしますが、遊びの邪魔になったり

踏んだり躓いて怪我しないように安全確保のために言う事もありますよね。

しかし、子供はそうではないのです。

子供は自分が使っていた物に愛着を持っていたり、

何かをイメージして作っている事があります。

それを尊重してあげましょう。

それから成長段階として、

遊ぶ力→片付ける力の順番で身につくそうです。


遊ぶ力を身につけよう

年齢が小さければ、食事やおやつの前などキリの良いところで片付けて見ましょう。

そして具体的な指示を出すとより捗ります。

例えば

「棚の何段目の右側に置いてね」

しまう場所を明確にしましょう。

そして一緒にやって子供に真似させる事です。

遊びがきちんとできるようになると、

遊んでいるおもちゃで遊ぶスペースが気になるようになります。

無秩序に散らかっていることがなくなります。

より広く使いたいと思うのです。

おのずと片付けるようになるのです。


使うものだけを選ばせる

よくおもちゃの入っているカゴなど、逆さにして全てぶちまける子がいます。

赤ちゃんの場合は音を楽しむ遊びの一種です。

しかし子供の場合これは荒れた遊びの一種で、

遊びを上手く展開できずぶちまけること自体を遊びにしているのです。

子供に見極める力をつける為にも、

使うものだけを選ばせるようにしましょう。



まとめ

子供が片付けられるようになるには、まず大人がしっかり見せることです。

子供は言うことはなかなか聞きませんが、真似はすぐにできますから。

普段から物の整理整頓をして、

どうに片付けたらキレイか考えながらやると美的感覚も養われます。

子供と一緒に養いたい力ですね。